見直しのタイミング

保険を見直しましょう、と言われても一体どういうタイミングで保険を見直すのが適切なのだろうかと思われるかもしれません。一般的に保険の見直しを検討するのは、何らかのライフイベントが発生したときが妥当です。ライフイベントとは進学、就職、結婚、出産や子育てといった人生における出来事です。進学の場合は親の保護下にある場合が多いので、独り立ちした後のライフイベントの時に保険の見直しが必要になります。

例えば結婚した時、生命保険の見直しなどが必要になってきます。これまで万が一の場合に備えて生命保険に加入していたとしても、その保険金の受取人は親兄弟になっている場合がほとんどです。しかし、結婚するということは配偶者、そしてその配偶者との間に子どもがいる場合その限りで家族という単位が発生し、そこに責任が発生します。生命保険の受取人の変更、またそれに伴い受取人から外された相手方の保障も見直す必要が出てきます。

子どもが生まれた場合は学資保険の検討なども発生します。学資保険は生命とは関係ないように思えるかもしれませんが、分類上生命保険になります。学資保険に支出する割合はその他の保険料などとの兼ね合いもありますので、こういった場合に今一度保険の見直しをすることも良いです。